親子丼は鶏肉の卵とじという名前であるべき

さて親子丼です。

親子丼

私は特に動物愛護主義者でもありません。しかし、どうしてもつい想像してしまって吐き気が催す食べ物があります。それが親子丼です。

親である鶏肉に子供である卵をぶっかけて、親子丼!それを煮て食べる。こんな残酷な話は聞いたことがありません。許せません。鶏肉の卵とじで良いと思うんですよね、これなら美味しく食べれます。

親子丼

世界には様々な残酷な映画がありますが、それでも親の死体に子供の死体をのせて食べるなんて映画はありません。どんな映画にも最低限の倫理が映画にはあります。

まあ人間でいうとこういうことです。恨みを買いそうなネーミングです。

親子丼2

そして優しくて、甘くて美味しいという皮肉。

ほかの丼はどうなのか?

素材そのまま系

牛丼とか鰻丼は、圧倒的に正しいんですよ。素材の名前がついているので、ありがたくいただきます。気持ちいぐらいストレートです。

牛丼

合理的な名前系

海鮮丼は海のものをなんでも乗せるという意味で見た目はエグいものがありますが、何を入れるかなどは、その時の仕入れ状況などもあると思うので、かなり合理的な名前といえます。

海鮮丼

オシャレ系

本来、マグロ丼で良いはずの丼、鉄火丼はネーミングセンスが光るオシャレな名前です。諸説あるようですが、鉄を焼くと赤くキレイに妖艶に光ります。刀鍛治がカーンカーンと打つあれです。

こういうオシャレ昇華系な名前は日本人らしくて良いと思います。

鉄火丼

親子丼よりは、まだ少しマシな名前系

他人丼はまだマシです。親子丼同様に人間にたとえるということが、似たセンスを感じますが、死んで親子が一緒になるという世界残酷物語のような名前よりも、まだマシです。異論はあるかもしれませんが、他人なので、、まあでもネーミングセンスは悪いです。圧倒的に悪いです。

牛丼に鰻を入れた丼を見たことがありますが、あれも言うならば他人丼ですが。少し後味は悪いです。

名前もそうだけど、飲食店によくいる動物キャラクターは食欲がそそるのか?

焼肉店とかによくある牛の写真

スーパーには牛のスライスされた固形物が商品として売られています。牛を食べているという認識があまりないというか、初めからあの形ではありません。牛を食べるという罪悪感もないまま食べることができてしまいますので、それはそれで問題です。

焼肉店に牛の写真がかざってあるとか、まあこれは「よし食べるぞ!ありがたくいただくぞ!」みたいな現実を突きつけられる気がして、すごく腑に落ちるというか、教育としても悪くないかもしれません。

牛の写真

焼肉店とかによくある牛のイラスト

牛君みたいなキャラクターが店内のポスターやメニューに掲載されて、美味しく食べるためのポイントとか、「当店キャラクター牛くん」みたいなデフォルメ化されたキャラクターを見ると食べる気がかなり減退します。あれを見て食欲が増進される人はいるんでしょうか。

人間が食べられる世界があったとして、人間くんみたいなデフォルメ化されたキャラクターがいて店内に飾られていると考えると、なんだかおぞましいものを感じます。「ぼくを美味しく食べてね!」みたいなキャッチフレーズなんかもついているかもしれません。

牛のイラスト

翻って親子丼のはなし

食べ物そのもののキャラクターがいるお店は、私は好きではないのですが、親子丼という悪趣味な名前をつけるほどには残酷ではありません。

母親が作ってくれた料理の中でも親子丼はナンバーワンに好きな料理でした。皮肉にも味が美味しい。。

つい人間に置き換えてディストピアな世界を想像してしまうタイプの人には、本当に許せない名前なんですよね。定着しすぎて、疑問をもたず、記号化されてしまっているだけなので。よくよく考えて欲しいんですよ。